賃貸契約ならまずは手順を知ろう【アパートもマンションも同じ手順】

集合住宅模型

新生活を始める際の賃貸物件の探し方

新生活を始める際に何よりも重要なのが、物件を探し始めるタイミングです。引越しシーズンである春先はライバルが多く、いい物件を見つけてもすぐに埋まってしまうことも珍しくありません。そのため、引越しが決まったら早急に物件探しを始めましょう。遅くとも3月の初旬までには物件を探しておくことが理想的だといえます。

部屋

地元の不動産会社だと賃貸物件情報が豊富

不動産会社には、全国展開している大手不動産会社と、地域に密着した小さな不動産会社の2種類があります。全国的に物件を探すのであれば大手不動産会社が便利ですが、あらかじめ住みたいエリアが決まっているのであれば、地域密着型の不動産会社を頼りましょう。地域密着型の不動産会社は地域の情報に精通しているので、希望を伝えれば最適な物件を紹介してもらえるでしょう。

マンション

インターネットの賃貸検索サイトの活用

不動産会社のサイトには、複数の物件情報が掲載されています。写真や間取り図など、物件に関するあらゆる情報が確認できるというのも嬉しいポイントですが、検索機能を利用すれば簡単に自分の希望に合った物件を探せるというのも魅力だといえます。最近は不動産会社に限らず賃貸物件を紹介しているサイトが豊富なので、自分の希望に合った物件が見つかるまで様々なサイトを巡ってみましょう。

賃貸物件契約の流れ

男の人

不動産会社を利用して物件を探す

マンションやアパートなど、賃貸物件を探す際には、不動産会社に相談したりウェブサイトを利用したりしましょう。知人に物件を紹介してもらうという手もありますが、入居後や退去の際にトラブルが発生しても、遠慮してしまって不満や要望を伝えにくいという問題があるので、プロの不動産会社に紹介してもらう方が無難です。

不動産会社に内覧の予約を入れる

気になる物件が見つかったら、不動産会社に内覧の予約を入れましょう。この時に、1件だけでなく3件程度の物件をまとめて内覧させてもらってください。どんなに気に入った物件が合っても、実際に見てみると期待通りではなかったということも少なくありません。1件ずつ内覧を申し込むのは時間も手間もかかるので、あらかじめ3件ほど入居希望の物件候補を上げておいて内覧で比較してみましょう。

不動産会社に契約を申し込む

内覧が終わって入居を希望する物件があったら、迅速に不動産会社に契約を申し込みましょう。人気物件は他にも大勢の人が内覧しているため、すぐに埋まってしまうことも珍しくありません。また、春先などの引越しシーズンはあっという間に両物件が埋まってしまうので、契約を希望する場合は1日でも早く不動産会社に契約を申し込んでください。

不動産会社の審査を受ける

賃貸契約を希望したからといって、すぐに契約を結べるわけではありません。契約を結ぶ前には、不動産会社の審査を受ける必要があります。賃貸料の支払いができるだけの財力があるか証明しなければならないので、収入証明など不動産会社から求められた書類は迅速に提示してください。基本的に審査はそれほど厳しくないので、よほどマイナス条件がなければ問題なく審査に通るでしょう。

不動産会社と賃貸契約を結ぶ

審査を通過したら、不動産会社から連絡がきます。いよいよ正式に賃貸契約を結ぶことになるので、不動産会社から指示された書類と費用を準備しましょう。契約に時間がかかると不動産会社や大家さんからの覚えが悪くなるので、速やかに契約を結ぶよう心がけましょう。

横浜中古マンションならこちら☆

広告募集中