HOME>トピックス>賃貸契約を結ぶ前にチェックすべき事柄【契約をスムーズに進めよう】

賃貸契約を結ぶ際の下準備

賃貸契約を結ぶ際には、住民票や印鑑証明といった複数の書類が必要となります。契約が決まったら不動産会社に必要書類を確認して、事前に準備しておきましょう。また、賃貸契約には書類だけでなく、敷金や礼金といったまとまったお金も必要となるので、併せて準備しておくと安心です。

賃貸契約を結ぶ際に気を付けたいこと

室内

重要事項説明書を確認しておく

マンションやアパート、マンスリーマンションなど、物件の賃貸契約を結ぶ際には、不動産会社から契約条件をまとめた重要事項説明書を渡されます。記載事項が多いので全てに目を通すには時間がかかりますが、契約や退去などに関する重要事項が記載されているのでしっかりと確認しておきましょう。

物件の設備を確認しておく

物件によって、備え付けの設備は異なります。クーラー1台でも、自身で用意する場合と大家さんに用意してもらう場合では必要となる費用は大きく異なるので、不足している設備に関しては、どちらが用意するのかしっかりと確認しておきましょう。

契約書の内容を確認しておく

契約書を提示されたらすぐにサインするのではなく、物件の情報や契約期間について誤った記載がないかきちんと確認しておきましょう。契約内容をよく把握せずにサインしてしまうと、入居後や退去の時にトラブルが起こることもあります。一度サインしてしまうと契約者が不利になるので、事前に問題がないか時間をかけてしっかり確認しておいてください。

賃貸契約を結ぶ前にチェックすべき事柄【契約をスムーズに進めよう】

ウーマン

トラブルの際には管理会社に即連絡

どの賃貸物件も、大抵大家自身ではなく管理会社が管理を行っています。管理会社とは、管理組合から物件の管理を委託された管理の専門業者のことなので、困ったことがあったらすぐに連絡しましょう。管理会社は、清掃やゴミ出しから設備の修理、住人のトラブル仲裁まで住人が快適に生活を送れるよう尽力してくれるので、安心して頼ってください。

広告募集中